キーストン。

 

若い競馬ファンの子でもこの馬を
知っている人は多いはずです。

 

よく、
記録に残るよりも記憶に残る
という言葉がスポーツではよく使われます。

 

しかし、キーストンは
記録・記憶という概念で人々に
語り継がれているわけではない気がします。

 

最も人々に涙を流させた馬。

 

というのが正しいと思います。

 

では早速動画を。

 

ハンカチの用意をして下さいね。
私も動画を久々に見ましたが号泣しました。

 

 

 

 

こちらはレース動画です。

 

 

 

 

なんでしょうね・・・

 

競馬って本当に素晴らしいなぁと思えました。

 

山本騎手は後日、記者にもう一度乗りたい馬は?
という取材を受けた際に

 

「阪神大賞典のキーストン。お客さんには申し訳ないが、
無事にゆ­っくりゆっくり回ってくる」

 

と、答えたそうです。

 

さらに、こちらはネットの書き込みから引用ですが。。
キーストンと山本騎手の絆についての美談です。

 

 

キーストンに起こされ目を覚ました山本は走ってきた厩務員に
「早く助けてやってくれ!頼む。」といってまた気を失った。

目を覚ましたときにはもうキーストンは死んでいた。
キーストンのもとに走った そこには横たわっているキーストン。

誰もしゃべらない沈黙の中、キーストンの安楽死を行った獣医が
「この子はこの小さなからだで注射をすると普通5分ほどで死んで­しまうのですが 15分もたえていました。痛いだろうに鳴き声もあげずにたえてい­ました。 長い間、獣医をしてきましたがこんなすごい馬はじめてです。」

それを聞いた厩務員のひとりが・・・・
「山本さん・・・・まっとったんやなぁ」とつぶやいた。
それを聞いた山本さんはキーストンの首にだきついて
いつまでも泣­き続けた。 

 

 

・・・・・

 

人と馬。

 

ここまでの信頼関係が出来上がるからこそ
素晴らしい感動を生むんでしょうね。

 

キーストン、感動をありがとう。