日曜日の東京のメイン競争は2013根岸ステークスです。
今年最初のG1フェブラリーステークスを占うためには、重要な1戦です。

 

今年の出走馬を見ると、矢作厩舎の2頭、ガンジスとタイセイレジェンドが
ともに前走を勝っていて好調ということで人気になりそうな予想です。
両馬とも東京ダートでも勝っているだけに、少し抜けた人気となりそうです。

 

単勝オッズとしては、この2頭に続きそうなのが
前走2着のエーシンウェズン、トウショウカズン、
そして昨年のフェブラリーSの勝ち馬テスタマッタ、
4着だったダノンカモンあたりで、10倍を切るくらいになると予想します。

 

人気馬が好調そうな2013根岸ステークスですが、
ワイドとか3連複で面白そうな馬がいます。
それは、メイショウツチヤマです。

 

 

応援ありがとうございます!!
           ↓↓↓

     

 

 

この馬の単勝オッズは、まあ20倍くらいだと予想しますが、
この馬東京ダートに限ると4-2-3-3という成績で実はかなりのものなのです。
前走は、明らかに距離が短いカペラSで10着に終わりましたが、
その分オッズ的に下がるのであればねらい目十分でしょう。

 

しかも、嶋田騎手が悪いわけではないのですが、
柴田騎手の方がこの馬に乗り慣れていますし
柴田騎手自体、時々ポカみたいなレースもありますが、
ダート戦ではさすがベテランという味を見せてくれます。

 

外国人3人と言う事で先行してくれれば、嵌る可能性も十分あると予想します。
その他には、抽選対象ですが沖厩舎のメイショウマシュウが出走すれば、この馬も
十分チャンスがありそうでオッズ的にも面白そうです。

 

大混戦の直線で、狙った馬が抜け出してくるのが楽しみなレースです。