今週土曜日の注目レースは、
京都で行われる2013エルフィンSです。

 

昨年のエルフィンSを制したマルセリーナは、桜花賞馬となるなど
桜花賞に向けて重要なステップレースです。

 

今回の2013エルフィンSは、例年以上に有力馬が集まった感じで
オッズも大混戦が予想されます。

 

人気になりそうなのは、ディープインパクトの半妹
トーセンソレイユやゴールドシップの半妹ポイントキセキ、
そして最近好調の須貝厩舎の期待馬オツウあたりでしょう。

 

その他にもウインプリメーラやウリウリなどがオッズ的に続きそうで
予想するには、結構面白いレースになりそうです。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

この中で私が注目したいのは、
このウリウリとタンスチョキンの白菊賞に
出走した2頭です。

 

白菊賞は、逃げ馬が粘り、追い込み馬が2着、
上位人気馬がコケルという特殊なレースでした。
そのレースで4着のタンスチョキン、2番人気で5着だったウリウリですが
両馬とも今回オッズ的に美味しい可能性があるのです。

 

しかもそのレースは内回りで今回の2013エルフィンSは外回り。
この微妙な条件変わりがプラスになると予想出来るのです。

 

さらにタンスチョキンは前走ダートで快勝しました。
もともと地方の馬だったので得意なのもあるでしょうが、かなり
強い競馬でしたので、あのようなレースが出来ればオッズ的に
かなり面白い存在だと思います。