京都芝2200mで行われる京都記念2013は、
中距離&長距離のG1を目指す馬のステップレースとして見られていたり、
海外のレースへ弾みをつけるためのレースとしても注目されています。

 

過去10年の京都記念の単勝人気別成績を見てみると
1番人気の馬が50.0%の勝率、さらに連対率が80.0%となっています。

 

予想オッズはまだわかりませんが、
とりあえず当日のオッズを確認して1番人気は
素直に予想に入れておけという事ですね。

 

このコースは最後の直線でトップスピードを
どこまで維持できるかが勝負の鍵となると聞きました。

 

一瞬のキレよりも、スピードに対する持続力を重視だと。
スピードにというより、総合的な持続力って事ですよね。

 

持続力なんて過去実績に記載されて
ないのでレースの動画でも探して判断するしかないですね。
12頭の出走馬で争われる京都記念2013。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

今手元にある情報だけで軽く予想をしてみましょう。

 

前走から半年近く開いている馬よりは、
昨年12月、今年の1月に走っている馬の方が
レース感覚は覚えているように思うので、
まずはその条件の馬の中で予想してみようかと思います。

 

前走、前々走京都で勝っているカポーティスター
2400mでも勝てているので距離、コース
ともに問題はないと思います。

 

斤量4.0も増えるのが不安ですけど。
サクラアルディートは2200の実績がないけれど、
京都は結構走っているという点は好材料です。

 

半年以上の休養明けのショウナンマイティは、
本来は秋頃から走らせたかったけれど、
体調がきちんと戻らなかったのでレースに出さずにいて
2013年を迎えてしまったようですね。

 

その分しっかり調整できているようです。
体重も少し増えているようですが、
成長分と言ってよい範囲のようなので、お財布に
余裕があれば押さえてみたいです。

 

あと、忘れてはいけないのが、
個人的にずっと応援しているのジャスタウェイ。

 

京都はまだ1回しか走った事がありませんが
久々の京都記念で頑張って欲しいです。
オッズに関係なくジャスタウェイは応援馬券を買いますよ。