今年から5月に行われる事になった平安ステークス2013は
京都競馬場のダート1900mで競われます。

 

今までは1月に行われ、フェブラリーステークスを見据える
ためのレースでしたが、今年からは夏場のダートレースの
ためのレースとなりそうです。

 

全く違うレースになったと言っても過言ではないでしょう。
過去のレースをどこまで参考にするか悩みますね。

 

中京のダート2300mで行われた東海Sを平安ステークス2013の
サンプルとして取り上げて予想している方もいるようです。

 

平安ステークス2013の出走馬16頭の中でどう予想するか・・・。
私が馬柱を見てなんとなく気になったのは
ニホンピロアワーズ、ナムラタイタン、トウショウフリーク、
アントニオピサあたりです。

 

昨年の平安ステークスは単勝10番人気のヒラボクキングが
勝ち、単勝で5640円もの配当
。2着に1番人気のエスポワールシチー
がきたので馬連の配当はそこまでつきませんでしたが、レース
概要が変わっているので、やはり穴馬も考えておくべきですね。

 

東海ステークスのデータを参考に実績馬と好成績が多い5歳馬、前走からの
距離延長組をふまえて選出していこうと思います。

 

前走からの距離延長で考えると該当する馬は7頭、さらにその中で
5歳馬は…該当なし。5歳馬の次に3着以内率が高いのは6歳なので
代わりに6歳馬を当てはめてみると、ソリタリーキング、ナイスミーチュー、
ニホンピロアワーズが該当します。

 

気になった馬ニホンピロアワーズを中心に当日の馬場状況やオッズ(配当)
などを踏まえ予想していきたいと思います。