牝馬のクラシックレース第2戦である優駿牝馬2013は
桜花賞のレース結果を参考に、距離の延長などを踏まえて
予想していきます。

 

東京競馬場の芝2400mで競われる優駿牝馬2013は18頭の
出走馬が発表になりましたが、オッズがそこそこ割れ
配当がつきそうな予感がします。

 

優駿牝馬2013の出走馬の中で、
サクラプレジール、ティアーモはまだ2戦しかしていません。

 

経験値からいって割引だとは思うのですが、逆に言うと
まだどれほどの力を持っているか未知数であるとも捉えられます。
桜花賞で勝ったアユサン、2着になったレッドオーヴァルや
3着のプリンセスジャックあたりはオッズ上位になりそうですね。

 

しかし、どちらも2400mという距離を経験していないので、
距離経験という点からは、セレブリティモデルが2400mは経験済み

 

あと2000mを経験しているのが、ブリュネット、デニムアンドルビー、
ブリリアントアスク、エバーブロッサム、セレブリティモデル、スイートサルサ
の6頭。この中で2000mで馬券に絡んだ事があるのが、デニムアンドルビー、
エバーブロッサム、セレブリティモデル、の3頭になります。

 

このあたりがオッズ上位に食い込んでくるのではないでしょうか。
オッズが割れれば配当もそれないりにつきます。

 

3年前のアパパネと4年前ブエナビスタの時は単勝1番人気で見事
期待に応えた結果
となりましたが、過去5年でその2戦以外は
1番人気は見事に馬券に絡まず、3連複や3連単はそれなりの
配当がついていました。

 

馬場の状態も良くないと思うので、そのあたりも考慮したいと思います。
今のところレッドオーヴァルとエバーブロッサム、デニムアンドルビー
あたりを軸にしようかと考えています。
どの馬を軸にするかはギリギリまで悩むつもりです。