今週土曜日の中京競馬場のメインレースは、
3歳オープンの芝1400mの
2013中京スポーツ賞ファルコンSです。

 

過去の勝ち馬の中には、2009年の
ジョーカプチーノのG1馬もいますが、
どちらかというと、古馬になっても
短距離戦で活躍している馬が多いようです。

 

去年ワンツースリーとなったブライトライン、
レオンビスティー、サドンストームは、
いずれもオープン短距離路線で活躍しています。

 

古くは、ギャラントアロー、シンボリグラン、
もっと古くなるとイナズマタカオーなども
成績を残していて、短距離路線で欠かせない
馬たちが集合する傾向があります。

 

おそらく、短距離適性が出てきて、
クラシック路線ではない方がいいと判断してくる
時期なのでしょう。

 

その傾向を考えると、2013中京スポーツ賞ファルコンSの
予想も必然的に古馬短距離路線に
行っても活躍出来そうな馬を探すことが的中につながると思います。

 

去年から距離が1400mになりましたが、
この傾向は変わらないでしょう。

 

また例年、馬場が悪くなりかけて
外枠有利になっていたのですが、今年はまだまだ開幕2週目
ということで、枠の差はなさそうです。

 

天候いい予想なので、馬場は良馬場になるでしょうから、
スピード決着になるでしょう。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

そんな過去の傾向と馬場状態を考えると、
注目は2着から5着馬まで出走したクロッカスS組になりそうです。

 

その中でもティーハーフやブレイズエターナルは
人気になりそうですが、配当面を考えても面白そうなのが、
5着だったワキノブレイブです。

 

ちょっと成績にムラがあるタイプですが、
1400mの経験も多くマイネルラヴ産駒ということあり
馬体重も増え続けてることから、

 

過去の傾向にある古馬の短距離路線で活躍できる馬に
ぴったりなのです。馬場状態もいい方がいいタイプでしょう。

 

そしてクロッカスS組以外では、小倉で快勝した
ミリオンフレッシュも注目です。

 

この馬は馬体重が心配ですが、末脚は一味違うので
内で脚を溜めれれば一気に差し切ってしまう可能性も
あります。

 

2013中京スポーツ賞ファルコンSは、
この2頭を中心に狙ってみたいと思います。