今週土曜日の阪神のメインレースは、2013毎日杯です。

 

6年前から阪神1800mという条件となり、ダービーを狙う馬に加え、
NHKマイルを狙う馬も参戦してくるので、過去の傾向を見ても、
結構後のG1で活躍する馬達が登場しています。

 

今年の2013毎日杯もラジオNIKKEI3着の素質馬キズナや同2着のバッドボーイ、
デイリー杯勝利のテイエムイナズマなど、クラシック路線からマイラーまで
様々な実績馬が参戦してきました。

 

恐らくキズナが押し出された人気になると思いますが、
今年に関しては大混戦になっています。
例年マイラーよりクラシック路線組の方が強いのでキズナは
結構推せる馬と言えますが、もう少し穴馬を探してみましょう。

 

実は狙ってみたいのが、アドマイヤツヨシなのです。

 

この馬は、アルメリア賞3着だったのですが、
毎日杯への臨戦過程で過去の傾向を見ると
前走きさらぎ賞組が強いのですが今回参戦なし。

 

次いで実績なのが阪神開催のアーリントンCとアルメリア賞組なのです。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

今年の2013毎日杯には、阪神開催のアーリントンCと
アルメリア賞組が4頭参戦しています。
そして種牡馬成績を見てみると、サンデーの子を親に持つ馬がかなりの活躍していますが
その中でもアグネスタキオン産駒が2勝しています。

 

過去の傾向から、前走阪神競馬組と種牡馬成績としての
サンデーの血が無視できないことがわかります。

 

アドマイヤツヨシは臨戦過程はOK、そしてアドマイヤムーン産駒ですが
母父はサンデーです。過去の傾向にも合致しているのです。

 

前走も少頭数の割にごちゃごちゃした競馬を最後伸びてきた点を評価したいです。

 

もちろん、キズナやバッドボーイ、そして素質馬サトノキングリーなどもいますが、
この条件でアドマイヤツヨシを、ワイド、3連複で狙ってみたいと思います。

 

もう1頭挙げるなら、過去2勝のアグネスタキオン産のアーマークラッドが、
母型は短距離思考なのですが、種牡馬成績からちょっと注目したい1頭です。