次のG1は、2013オークスです。
春のG1戦線でいまいち的中していない!という人も、このクラシック戦線でこそ
当てたい!と思っているでしょう。

 

それでは、2013オークスの出走馬の中でも特に注目な馬達を紹介したいと思います。

 

まずは、桜花賞7番人気で勝利したアユサン。
直前で丸山騎手からCデムーロ(弟)に乗り替わるというアクシデントはありましたが、
見事な末脚で快勝しました。

 

丸山騎手にとっては、再度G1チャレンジになりますし、
アユサンにとっては2冠が掛かっています。
気分的にも応援したいところですし、昨年はディープインパクト産駒で
ワンツーしたように血統面も申し分ないところです。

 

あまりにも末脚のキレがいいだけに、距離不安を指摘する人もいるでしょうが、
桜花賞馬、丸山騎手とのコンビ、それ以上のプラスがあるように思います。

 

そして桜花賞2着のレッドオーヴァル。
桜花賞は直線で一旦差し切っていただけに残念なレースです。
再度Mデムーロ(兄)が乗り、こちらもディープ産駒です。
リベンジを狙ってない訳がありません。

 

今回の2013オークスには、桜花賞3着のプリンセスジャック、
4着のクロフネサプライズ、そして5着のローヴティサージュを含め、
1着から5着までが揃って出走しそうなのでかなりハイレベルな戦いになりそうです。

 

最後に、恐らく2番人気、いや1番人気にもなろうかという新星を忘れちゃいけません。
未勝利を勝った後、フローラSを1番人気で快勝したデニムアンドルビー

 

メンバーが手薄だったにしても快勝でした。鞍上の内田騎手も「この馬は強い!」と
思わず漏らしたほどですから、桜花賞上位組の対抗1番手として急浮上です。
好メンバーの揃った2013オークス。今から楽しみですね。