先日引退を表明した笠松競馬のトップジョッキー安藤勝己さん、
これまで数々の素晴らしいレースを見せてくれました。

 

その中でも恐らく多くの中央競馬ファンが、安藤勝己さんの
凄さを感じたのではないか?と思うのが1995年の報知杯4歳牝馬特別での
ライデンリーダーとのレースでしょう。

 

同じ笠松出身で、あの大人気ホースのオグリキャップ、そしてこの
ライデンリーダーの登場する1年前桜花賞を制したオグリローマンなど
の活躍により地方競馬、特に笠松出身馬の強さを認識してきた時期でした。

 

そんな時に、10戦10勝で報知杯4歳牝馬特別に出走したライデンリーダーは、
2番人気の評価でした。楽勝ばかりとはいえ、地方競馬、
そして初芝ということもあり、応援馬券として単勝は売れていたのですが、
実は馬連の人気はそれほどでもなかったのです。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

そしてレースが始まると、笠松でのいきっぷりはなく、安勝さんは最初から
追い通し、内枠2番枠ということもあり、このまま大敗パターンかなあと
多くの人が思いかけていたまま、直線に向くと・・

 

馬場の真ん中から1頭だけ違う脚色の馬が!

 

そう、ライデンリーダーが凄い末脚を発揮して一瞬のうちに差しきって
しまったのです。

 

えっ!?いつ、外に出したの?

 

応援していた人でさえ、そう思ったことでしょう。
そして、安藤勝己さんの追うアクションと馬の伸び方が他の馬と比べても
一体になっていることにも気付いたことでしょう。

 

それだけ、地方競馬笠松の底力、そして安藤勝己さんという笠松のトップジョッキー
が、中央のトップジョッキーとも遜色ない、それ以上?と思わせたレースでした。

 

このレースが、これから安藤勝己ジョッキーが
中央競馬で活躍する最初の1歩とも言える
レースの1つだったことは間違いないでしょう。