今度の日曜日東京競馬場で行われる2013オークスの着順結果を
いち早く予想してしまいましょう。

 

1番人気を分け合いそうなデニムアンドルビーとアユサン。
恐らくデニムアンドルビーの内田騎手は、アユサンマークになるでしょう。

 

問題はアユサンの戦法でしょう。今回末脚を活かすために桜花賞同様の差しに
徹する場合と、チューリップ賞のような先行策も可能でしょう。
距離を考えると先行策という手もあるでしょうが、ここは差しに徹して欲しいものです。

 

2013オークスの道中、有力馬2頭は比較的後ろの位置。
そして桜花賞でも逃げたクロフネサプライズ、桜花賞では逃げなかったクラウンロゼの
枠によってどちらかが逃げる可能性が高そうです。

 

そうなるとペースはスローになる確率が高そうです

 

ただ、3歳牝馬で経験も少ない馬達だけに、掛かってしまう馬達も出てきそうでごちゃ
ごちゃしそうですし、スムーズに行っても最後の直線では馬が横一線での追い比べにも
なるかもしれません。

 

人気のデニムアンドルビーとアユサンも末脚自慢なのでスローでも差し切る脚はあります。ただ、距離が2400mということ、レースがごちゃついてしまうこともあるため、
差し切れるか?
というと、不安ありと言うしかありません。

 

ですから今回の2013オークス着順結果は、展開と運がかなり影響を受けそうです。

 

 

もし、直線を向いた時、先頭がクロフネサプライズで2馬身以上空いていたら、そのまま
クロフネサプライズの逃げ切りもあるでしょうし、そんな展開の時に一番有力なのが
デニムアンドルビーとアユサンの少し前目に位置して、すっと抜けだすような馬なのです。

 

その可能性が高そうな馬がトーセンソレイユなのです。
桜花賞では、微妙に伸びきれず7着に終わりましたが、
今回はウィリアムズ騎手ということで前目に位置しそうです。

 

そうなると、ディープインパクトの妹という良血が開花して抜け出して快勝!
というシーンもありそうです。
ウィリアムズ騎手も昨年距離不安のアイムユアーズで最後の追い比べでスタミナの
差で4着に敗れました。

 

同じ競馬をしたなら、トーセンソレイユなら伸びる可能性が大になります。

 

いち早い2013オークスの着順結果の予想は、1着トーセンソレイユです。
上位にクロフネサプライズ、デニムアンドルビーとアユサンの3頭。
いずれも勝つチャンスがありますが、トーセンソレイユの素質開花あり!と予想します。