今週の土曜日の阪神競馬のメインレースが、
2013若葉ステークスです。

 

クラシック路線を狙う馬たちが、
皐月賞へのたたき台にしたり、皐月賞への賞金を
狙う最終予選的なレースです。

 

このレースは種牡馬成績と馬場が予想する上での
最大のポイントになると思われます。

 

種牡馬成績としては、過去5年の勝ち馬が
サンデーサイレンスを父に持つ種牡馬の産駒が
勝利しています。

 

おじいちゃんがサンデーという馬ばかりなのです。

 

まあ今回の2013若葉ステークスも
出走馬自体が多いのも事実ですが・・・

 

ここ2年ディープインパクト産駒が
連続で勝利しているだけに、やはり種牡馬成績としての
サンデーの存在は無視できません。

 

ディープ産駒には特に注目でしょう。

 

次のポイントの馬場についてですが、
良馬場で開催された場合に、かなり時計が速くなる
傾向があります。

 

昨年はやや重で時計は掛かりましたが、
2011年2010年には2分を切る速い時計
での決着となっています。

 

そういう意味で、メイケイペガスターは
不動の軸になりそうです。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

前走ハイレベルのメンバーを
好時計で勝利し、サンデーの血があるだけに、
種牡馬成績、馬場の両面でも押せる本命馬でしょう。

 

続く馬としては、アルヴェロンやサトノノブレス、
父父ではないですが、母父がサンデーのアドマイヤ
ドバイなども人気になりそうですが、
穴党としてねらいたいのは、クラウンレガーロです。

 

この馬は、すぱっと切れないのですが器用な面があります。

 

こういう馬は展開次第で大物食いも
可能な馬です。馬場がいいのも○なタイプでしょう。

 

それに、サンデーの血ではないグラスワンダー産
なのですが、ともに4台前はヘイルトリーズンという
奥底の血統は近いのです。

 

そうなれば、種牡馬成績のいいサンデー系と
根本は同じなのですから、チャンスがあると思います。

 

2013若葉ステークスは、
隠れた素質馬クラウンレガーロの上位進出を予想しています。