日曜日の東京のメインは、
ダート1400mのG32013根岸ステークスです。

 

この根岸ステークスは、いつも実際のレースが速報結果のイメージ以上の
迫力があると思っています。
ダート馬特有の馬体の良さに、東京の長い直線での攻防の凄さ、そして
案外荒れる配当の妙味もあるのでしょう。

 

今回の2013根岸ステークス、矢作厩舎のガンジス、タイセイレジェンドが
近走の成績からも人気となるでしょう。
速報結果にこの2頭が来れば、配当面で大荒れじゃないなあと判断出来る
くらいの人気になると思います。

 

でもタイセイレジェンドはG1を勝った59kgが不安です。
そうなると55kgのガンジスが1番人気となれば、他の有力馬の騎手も
ガンジスを負かそうとするでしょう。
ここに配当妙味が出てきます。

 

 

応援ありがとうございます!!
           ↓↓↓

     

 

 

前走兵庫で59.5kgで伸びきれなかった岩田騎手のセイクリムズンや前走で
ガンジスに差されたルメール騎乗のトウショウカズンは、いかにもガンジスを
負かそうとしてくるでしょう。

 

そうであれば、自分のレースに徹して行ける馬達にチャンスがあるものです。
そういう馬達が速報結果に名を連ねる事でいい配当になるのです。

 

2013根岸ステークスでその候補としてお薦めなのが、
メイショウマシュウ、メイショウツチヤマの2頭です。

 

メイショウマシュウは、ダートの安定感は半端なく、前走が初オープンでしたが
ガンジスから0.1秒差の3着です。府中ならもっとさらに切れる可能性もあります。
そして同じメイショウのツチヤマの方は、前走カペラSで10着も府中ダート
大得意です。

 

両者とも来れば、そこそこいい配当が期待出来ますし、オッズ以上に速報結果に
乗ってくる可能性は高いと思いますよ。