2013年の春のクラシックレースにつながる
「第53回 きさらぎ賞(NHK賞)」の出走馬が発表されました。
今後のクラシック戦線を考える上でも注目すべき1戦です。

 

過去のきさらぎ賞結果を調べてみると、単勝1番人気、
2番人気が7割で3着以内に入ってきているようですね。
2013年はどうなるか。

現時点の予想オッズでそれに当てはめてみると、
リグヴェーダ(3.1倍)
バッドボーイ(4.1倍)
インパラトール (5.4倍)
の3頭になります。

 

リグヴェーダは雪で翌週に順延になった
京成杯出馬の予定だったんですよね。
ここにスライドさせてきたのが吉と出るか凶と出るか。

 

個人的にディープインパクト
が好きだったので、その子供であるこの馬には頑張ってもらいたいんですが。
新馬戦を勝ち上がってそのままG3のきさらぎ賞勝利とかして欲しいですね。

 

の1番人気には他の人の同じような期待も含まれているのかなと思います。
2番人気のバッドボーイは前走ラジオNIKKEI(G3)2着、
同じ京都の芝1800m未勝利戦で勝った時に経験してるんですよね。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

タイムは別として京都の同じ距離を経験済み
というのは判断材料になります。
3番人気のインパラトールも前走が京都1800mの葵ステークスで1着。

 

そう考えると距離が少し足りないけれどG2やG1を経験したクラウンレガーロや
シンザン記念(G3)で3着だったタマモベストプレイなんかも混ぜてみたくなったり。
9頭しかいないのに悩んでしまいます。

 

去年は単勝1、4、2番人気での決着で3連単の配当が4970円。
現時点での予想オッズからも1頭中穴人気馬がくれば
馬連でもそこそこいい配当になりそうですね。

 

インパラトール、ラストインパクト、リグヴェーダのディープインパクト産駒3頭
で3連単がきたら配当どれくらいになるかな?なんて考えてしまってます。
遊び馬券で少し買ってみようと思います。

 

競馬場に行ってリアルで楽しめるか、自宅で速報結果を聞くことになるのか
まだわかりませんが、可能なら競馬場で速報結果を聞いて一喜一憂したいものです。
今から2013年のきさらぎ賞のレースと速報結果が待ち遠しいです。