今週の日曜日東京のメインは、
今年最初のG1、2013フェブラリーSです。

 

昨年は、テスタマッタとシルクフォーチュンの
2頭がワンツーを果たしました。

 

今年の2013フェブラリーSは、
その2頭がいずれも調子を上げて出走してきます。

 

 

その上位2頭に、新戦力の4歳勢が
挑戦する形になっています。

 

この世代交代の結果が分かる速報結果にも
注目の今度のダート界を占う意味でも重要なレースです。

 

その4歳勢の中でも一番の注目は、
やはりカレンブラックヒルでしょう。

 

NHKマイルの勝ち馬で、
古馬と初対戦した毎日王冠も快勝、
秋の天皇賞では5着に敗れましたが
強さは証明したレースでした。

 

そういう意味では実績No1で
初ダートではありますが、
オッズ上位は間違いないでしょう。

 

オッズ的に続くのはガンジス、
イジゲンの4歳勢になりそうです。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

挑戦者の立場の4歳勢の方がオッズが良くなる
というちょっと不思議なレースになるかもしれません。

 

それだけダート界の世代交代は
比較的明確になる傾向はありますが、今回に限っては、
そううまく行くかなあと思っています。

 

ですから速報結果に4歳馬が
上位に来れないことも可能性は
十分あると思っています。

 

そうなると上位に来る古馬勢、
東海Sで復活したグレープブランデー
その筆頭でしょうが・・・

 

その東海Sで2着のナムラタイタンや
ワンダーアキュートも差はないでしょう。

 

でも私が狙いたいのは、
去年の勝ち馬のテスタマッタなんですねえ。

 

前走の根岸Sは、6着でしたが
近走に不甲斐なさと一変し
59kgながらも見せ場がありました。

 

岩田騎手でオッズ的には人気にもなりそうですが、
頭で狙ってみたい馬です。

 

とにもかくにも速報結果を見て
今後のダート界を見つつ、
自分が的中してガッツポーズをしたい
と思っています。