天皇賞(春)2013が京都の芝3200mでいよいよ開催されます。
過去の天皇賞(春)では若い馬が優勢でしたが、今年は
どうでしょうか。

 

G.Wでどこかに旅行に行ってレースを見れず
ラジオやネットで速報結果を聞く人も多いでしょうね。

 

私もその一人になりそうですが、天皇賞(春)2013はしっかり予想して、
的中させ速報結果を聞いて喜びたいものです。

 

出走馬と枠順などを見て思ったのですが、マイネルキッツの
騎手C.デムーロなんですね。
前日の東京で青葉賞乗って京都に移動ということですよね?
疲れないか心配です。

 

気になった馬を挙げると、
トーセンラー、ジャガーメイル、マイネルキッツ、フェノーメノ、
ゴールドシップ、レッドカドーです。

 

基本的に3000m以上を走っている馬を中心に挙げています。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

多分1番人気はゴールドシップになるでしょうか。
やはりG1を3勝していて2400m以上の勝ちも多いので
人気上位になると思います。

 

トーセンラーは中距離での実績が目立ちますが、京都での実績が
あるので、1発の可能性を捨てきれません。

 

フェノーメノについては京都の実績も、距離も経験が無いので
取捨に迷いますが、海老名騎手になってジャパンカップ以外は
成績がよいので、切れません。

 

天皇賞(春)2013はゴールドシップが絡むオッズはきっと人気が出るでしょうね。
土曜日時点での前日オッズ、パドックでの馬の状態と締め切り前の
オッズを確認しながら馬券を組み立てたいです。
速報結果であがる馬名はどれか、非常に楽しみですね。