3日開催となっている今週の3日目に行われるのが
京成杯2013です。

 

クラシック戦線に向けては、案外軽視されがちなレースなのですが、
過去には、ダービー馬エイシンフラッシュや皐月賞馬サンツェエッペリン
なども勝っていますので、実はかなり重要なレースと言えそうです。

 

また予想面は、結構人気上位馬が
勝っているので高配当ねらいは難しそうです。

 

今年の京成杯2013の登録馬は、頭数が少ないので穴ねらいの私としては
予想する上で配当面での期待が薄いのは寂しいのですが、それだけに紛れが
少なく実力を発揮したレースを見せてくれそうです。

 

ちなみにこちらは京成杯2012の動画。
この時は速報結果を家で見ながら興奮してました。笑

 

 

 

 

 

その京成杯2013の登録馬の中でも有力馬と言えるのが、距離不足の朝日杯で
4着に差してきたフラムドグロワールに、休み明けのラジオNIKKEI2歳こそ
6着でしたが札幌2歳Sコディーノの2着だったラウンドワールドの2頭でしょう。

 

小頭数ということもあり、単勝の予想オッズは2倍台でしょう。実力通りなら
この2頭のワンツーも十分ありそうなので、配当面的な狙いは3着人気薄のワイドか
3連復にしようと思っています。

 

予想もこの3頭目を探してオッズも見ながら
盲点となっている馬を探して、いい配当を当てたいと思います。
逆にこの2頭のオッズが3倍以上になっていたら、買い方変えるかも知れませんが・・

 

まあクラシック戦線を占う意味でも楽しみなレースですが、
京成杯2013年の速報結果は、またこちらでお知らせします。