日曜日の函館競馬のメインは2013大沼ステークスです。
エルムSからダート重賞路線に向かう馬達が集まる名物レースです。
宝塚記念の資金集めのためにぜひとも的中したいところです。

 

2013大沼ステークスは、過去の傾向と馬場状態から狙える馬を
予想していきたいと思います。

 

過去の傾向としては過去10年の勝ち時計の平均が
1分44秒台とかなり速い時計になっています

そのためか、やはり先行馬が上位に来ることが多いようですが、
時々差し馬が穴で絡んできています。

 

過去の傾向からは、先行馬か人気薄の差し馬、
ただし時計の裏付けが必要だと予想できます。

 

次に馬場状態ですが、台風の影響もなさそうなので良馬場が予想されます。
良馬場で時計が速いレースとなると能力が必要なレースですが、ハンデ戦です。

 

狙い目は、もともと実力があって近走成績が
悪い馬がハンデで復活と予想できます。

 

2013大沼ステークス、人気はダートの安定感抜群の
エアハリファや休み明けながらダート連勝中の
マスクトヒーロー、実績上位のトウショウカズンあたりとなりそうです。

 

しかし人気の3頭は、過去の傾向とハンデ恩恵は当然ながら当てはまりません。
過去の傾向と馬場状態から狙いたい馬、それはハンデ53kgのメダリアビートです。

 

この馬、近走は大敗続きです。
しかし過去には、東京大賞典などでも入着しているほどの実力馬なのです。
その馬が今回53kg、さらに北海道競馬も得意となれば、
ここで好走する可能性が大!
と言えます。

 

2013大沼ステークス、メダリアビートの好走で高配当、と予想します。