今週日曜日の京都メインは、2013きさらぎ賞です。

 

昨年は、有馬記念を勝ったゴールドシップとしのぎを削った
ワールドエースが勝ったレースですが、その時の2着が安藤勝己さんの
乗ったヒストリカルでした。
私の予想はヒストリカルの頭だったのですが・・

 

その安藤勝己選手が先日引退を表明しました。
安藤勝己選手は、笠松競馬から中央に移籍して以来、G1を勝ちまくり
今の岩田騎手と同じように大活躍したものです。

 

しかも馬を育てながらという感じでしたので、ここぞ!という目的の
レースで勝つ感じでしたので、案外配当もついたりしました。
あのスマートで馬と一体になって勝つ姿を見れなくなるのは寂しいものです。

 

さて、今年の2013きさらぎ賞も、ワールドエース級の馬の出走が楽しみな
ところですが、今年のメンバーはちょっと小粒な感じと予想します。
その分配当がつきそうですが、予想が難しい大混戦になりそうです。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

新馬を快勝したリグヴェーダ、萩S快勝のインパラトールのディープ産駒に
ラジオNIKKEI2着のバッドボーイあたりは人気になりそうですが、
人気の盲点となりそうなのが、朝日杯9着のクラウンレガーロです。

 

前走は、馬柱だけ見ると先行してバテただけ、に見えますが
実際のレースは伸びかけた時に前が完全に詰まっていました。

 

運も実力のうちではありますが、デイリー杯も2着ですし、レースセンスが
非常にいい馬なので、展開次第では十分上位に来るでしょう。
シンザン記念3着のタマモホットプレイもチャンスは十分だと思います。

 

あと高配当狙いなら大穴としてちょっと面白そうなのがアルムダプタです。
ダート戦ばかり3戦してますが、スペシャルウィーク産駒です。
荒れた今の馬場ならこなしてしまいかもしれません。

 

今回の2013きさらぎ賞は、クラシック戦線で活躍する馬の登場を楽しみに
しながらいい配当を当てたいと思います。