今週日曜日の小倉のメイン競争は、
2013小倉大賞典です。

 

例年いぶし銀のような馬たちが
活躍して個人的には大好きなレースです。

 

配当も結構いいので当たると
結構おいしいレースなんですよね。

 

それだけに予想に力が入りますが、
今年も面白いメンバーが集まりました。

 

人気を予想するだけでも難しいレースですが、
今年の2013小倉大賞典の出走馬は、
実績的にはダコールやマルカボルトあたりが
上位人気になるのでしょう。

 

この2頭に続きそうなのが、
愛知杯で2着のサンシャインと
上昇度が魅力のパッションダンスあたりだと予想します。

 

いずれも近走安定していますし、
前残りならサンシャインあたりは、
また好走してもいいので抑えには必要でしょう。

 

当ブログは現在○位??
           ↓↓↓

     

 

でも、前走が配当的には美味しかっただけに、
狙うならもう少し美味しい配当の馬がいいでしょう。

 

そう考えた時に、面白そうだと予想できるのが、
タガノエルシコとキングストリートです。

 

両馬とも年末の朝日チャレンジカップ
3着、4着と人気薄で好走した後、
ともに成績が落ちています。

 

人気薄が人気になりかけて負けるとがくん!
と人気が落ちるだけに、
今回はこの2頭は来るならここでしょう。

 

しかも両馬とも2000mだといまいちですが、
1800mならという馬だけに、厩舎側も
勝負掛けてくる可能性も十分あります。

 

ワイドか3連複の穴馬としては、
配当的にも今回2013小倉大賞典こそが、
おすすめの2頭です。

 

うまいこと当てて、
2013フェブラリーSの資金にしたいですねえ。