今週の日曜日中山競馬場のメインレースは、牡馬クラシック第一弾、2013皐月賞です。
今年1年の主人公となる馬たちが登場しますので、今から楽しみなレースです。

 

今年も主人公となりそうな馬たちが出走します。
藤沢厩舎の申し子的なコディーノ、福永騎手の申し子的なエピファネイア、そして
Mデムーロの申し子的になったロゴタイプなど、有力馬がしっかりと騎手とのコンビで
十分な体制で臨んできています。

 

こうなるとなかなか、穴馬の加わる余地がなさそうですが、
過去の傾向と馬場から穴馬を狙ってみたいと思います。

 

まず過去の穴馬の傾向としては、
中山2000mで勝っている馬(エイシンフラッシュ、サンツェッペリンなど)、
成績に安定感がある馬(トライアンフマーチ、ドリームパスポートなど)
のようです。

 

今回の2013皐月賞では、前者的なのがフェイムゲーム(京成杯)や
サトノネプチューン(ホープフルS)、後者的なのがレッドルーラー、
タマモベストプレイあたりでしょう。
配当妙味を考えると中山実績の馬の方が面白そうな感じに見えます。

 

でもなんかピンと来ません。

 

そこで過去の傾向から、前走成績をよーく見てみると、
若葉S2着馬がよく穴を出していることに気づきました。

 

ヒルノダムールやトライアンフマーチがあたります。
どちらも人気の盲点的な馬となり、皐月賞で穴をあけています。

 

今年の若葉S2着馬はクラウンレガーロでした。
若葉Sを見直してみると、馬順が目まぐるしく変わる展開の中、
断然の1番人気のメイケイペガスターが延びあぐねるところ、

 

クラウンレガーロとレッドルーラーが追い込んでくるのですが、
ごちゃついた中から抜け出したクラウンレガーロのレースっぷりは目を引きました。

 

    素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

一番実績のある弥生も人気馬がごちゃついて延びあぐねたことを考慮すると、
この馬はかなりどっしりしている可能性があります。

 

18頭立て、ごちゃつくと力を出せない馬より、
ごちゃついても力を出せるクラウンレガーロに魅力を感じてしまいます。

 

三浦騎手もそろそろちゃんとしてもらいたいところなので、
今回頑張ってもらいましょう。