今週の日曜日の京都10レース、天皇賞の前のレースは、2013端午ステークスです。

 

去年までは、京都1800mダートで行われていたレースが今年から1400mに
距離が短縮された点でも注目ですし、天皇賞の資金稼ぎとしてもぜひ当てたいレースです。

今回は、騎手実績と馬場状態を考慮して的中に近づきましょう。

 

2013端午ステークスに騎乗する騎手の京都ダートの騎手実績を見ると、
サウンドリアーナの武豊とルミナスウイングの岩田騎手、
そしてレアヴェントゥーレの浜中騎手の3人が抜けています。

 

この3頭のサウンドリアーナ以外の2頭は、京都ダート1400mを勝っているので
馬場適性もあるので、結構安心できる有力馬でしょう。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

しかし、狙いたいのは、むしろ初ダートのサウンドリアーナの方です。
この馬は、重賞を勝っているように、実績はNo1です。
G1の桜花賞でも見せ場がありましたので、そろそろ実力を発揮しそうです。

 

初ダートではありますが、それ以上にこの馬は平坦馬場が得意のようなので
阪神より京都という点でも魅力いっぱいでしょう。

 

2013端午ステークス、騎手実績もおそらく馬場も問題ない、
サウンドリアーナを狙ってみます。
初ダートで微妙に人気が割れるなら、美味しく馬単、
3連単の頭で勝負してみたいと思っています。