今週日曜日の京都競馬のメインレースは、
日本で一番長い距離のG1、2013天皇賞春です。

 

先日の皐月賞で三連単5,920円を的中させて頂いた
無料予想サイトを参考にしながら天皇賞春も頂きます!

 

オルフェーブルは回避していますが、
今年のG1戦線の中心になるゴールドシップを始め、

昨年のダービー2着馬フェノーメノ

ドバイワールドカップ2着のレッドカドー

ダイヤモンドSを快勝したアドマイヤラクティなど、

いいメンバーが揃いました。

 

やはり京都の3200mという長丁場なだけに、
その独特の馬場と騎手実績から穴馬を見つけてみたいと思います。

 

昨年は、ビートブラックが勝利し、オルフェーブルが大敗し大穴になりましたが、
天皇賞春というのは、展開次第で前が残る馬場になることがある点も特徴と言えます。

 

また騎手実績を見ると、武豊騎手が断然の成績で無視できません。
長距離レースはやはり騎手の腕が重要になるレースなので、
今回の2013天皇賞もやはりトップジョッキーは無視できないでしょう。

 

そうなると、

武豊のトーセンラー

内田騎手のゴールドシップ

岩田騎手のアドマイヤラクティ

蛯名騎手のフェノーメノ

福永騎手のムスカテール

浜名騎手のデスペラード

あたりの人気馬は馬場も騎手実績も申し分ないところです。

 

しかしこれらの馬は、穴馬ではありません。
高配当を狙うために、改めて京都3200mの馬場と騎手実績の
盲点になる馬を探してみました。
すると、面白そうな馬、騎手を見つけてしまいました。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

それは、柴山騎手騎乗のトウカイパラダイスです。

 

この馬は、2013年に入ってから重賞で3着4着と今一歩が続いています。
しかし昨年は、1600万を勝ったばかりで10着に食い込んできています。

 

オルフェーブルやヒルノダムールに先着しているのです。
しかも17番枠だったことを考えると、去年以上は十分可能性があるのです。

 

鞍上の柴山騎手も、あまり実績がありませんが、
関東所属の地方競馬出身で回数が少ないだけで2007年の菊花賞では
ロックドゥカンブで3着に入っているように、
京都の長距離でもしっかり実績を残しているのです。

 

今年の2013天皇賞春、隠れた馬場と騎手実績から、
トウカイパラダイスを狙ってみようと思います。