今週日曜日の中山のメインレースは、
皐月賞トライアルの2013フジTVスプリングSです。

 

過去には、メイショウサムソン、アライバルド、
オルフェーブルが勝利しています。

 

昨年もダービー馬ディープブリランテが
2着になるなどクラシック路線に欠かせないレースに
なっていますよね。ワクワクします。

 

そんな重要な2013フジTVスプリングSの
条件である中山1800mの騎手成績(勝率)を見ると

 

蛯名騎手(マンボネフュー)
北村騎手(フェイムゲーム)
柴田善騎手(ショウナンダイラ)
吉田豊騎手(ヘンデルテノール)
柴田大騎手(マイネルホウオウ)
そして、今年から中央に来た戸崎騎手(サーストンニュース)

 

がいいようです。

 

今回2013フジTVスプリングSには、
この6名がそろって出走していますので、
騎手成績的にも無視できない馬となっています。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

ここで過去の傾向を考えてみると、
後のG1馬が勝っている。
そして過去5年間この6名の騎手は勝っていないのです。

 

しかも、確かに素質はこれからの馬たちですが、
騎手成績のいい馬たちは、どこかで大敗をしたりダート路線だったり
ちょっと引っかかるものがあります。

 

そういう意味では、過去の傾向を考えると
G1馬ロゴタイプや安定感のあるタマモベストプレイ、
大物感があるアドマイヤオウジャの方が魅力があります。

 

今回2013フジTVスプリングSは、
騎手成績と過去の傾向の戦いと言えるかもしれません。

 

どちらが勝つかの予想が当たれば、
(当たり前ですが・・)馬券も当たるでしょう。

 

今回は、過去の傾向の勝ちと予想して
安定感のタマモベストプレイを狙おうかな・・