今週の土曜日の中山競馬場のメインレースは、2013中山グランドジャンプです。
例え障害レースでも立派なG1な訳で、JRAの宣伝の悪さを象徴していますが、
私は好きなレースです。もっともっと魅力のあるレースですねえ。

 

さて、そんな魅力のある2013中山グランドジャンプが
さらに楽しくなるには、やはり当てるしかありません。 

 

障害4250mという、他に例のないレースだなだけに、
騎手成績と過去の傾向をよーく見る必要があるでしょう。

 

騎手成績としては、ここ2年連続で勝利している柴田大地騎手がまず注目でしょう。
障害騎手は、ハイレベルでの争いなだけに連続勝利している点は見逃せません。

 

そして、関西の熊ちゃんこと熊沢騎手は、まだ中山グランドジャンプは上位に来たことが
ありませんが、年末の中山大障害を制しているように、関西屈指の障害騎手として
今回も上位に食い込んでくるでしょう。

 

また注目は、久しぶりの外国からの参戦ブラックステアマウでしょう。
過去に3年連続でカラジという同じくアイルランドの馬が勝っているだけに
怖い存在です。
鞍上のウォルシュ騎手も、アイルランドの名障害騎手です。
騎手成績はなくても侮れないでしょう。

 

     素人・プロの予想屋が集まってます
                     ↓↓↓
◎人気ブログランキングへ

 

そして過去の傾向ですが、ここ5年の勝ち馬は、
それまでに中山の大障害または中山グランドジャンプを経験しています。
やはり距離も長く、障害も高い、バンケットの起伏もある中山グランドジャンプを
勝つには、経験も必要だということでしょう。

 

そんな過去の傾向と騎手成績から注目したいのが、トーセンオーパスです。
鞍上の江田勇亮は、関東で若手の障害ジョッキーですが、
なかなか渋い騎乗をする騎手です。

 

その江田騎手が、この馬と初めてコンビを組んだのが去年年末の中山大障害でした。
そして2回目のコンビが、今回の2013中山グランドジャンプです。

 

なんかいかにも、過去の傾向と騎手成績に合わせたようなコンビなのです。
今回の2013中山グランドジャンプは、このトーセンオーパスから、
騎手実績のある熊沢騎手、ウォルシュ騎手を中心に狙ってみたいと思います。