今度の日曜日の東京メインレースは、2013オークスです。

 

昨年は、桜花賞を勝ったジェンティルドンナがここでも快勝し、2冠を
達成し、その後牝馬三冠、そして年度代表馬になった素質開花レースと
なりました。

 

2着が先日ヴィクトリアを勝ったヴィルシーナだったのですから
かなりのハイレベルだったことにもなります。

 

今年の2013オークスでも桜花賞の1着~5着馬や各トライアルの勝ち馬が
順調に出走してきたので、また名馬誕生のシーンもあるかもしれません。

 

人気は、桜花賞を勝ったアユサン、2着のレッドオーヴァル、そしてフローラSを快勝し
一気に主役級に躍り出たデニムアンドルビーになりそうです。
特にデニムアンドルビーは、その衝撃的な勝ち方により
桜花賞上位組を抑えて1番人気にもなるかもしれません

 

しかし、名馬誕生であっても、荒れる要素があるのもオークスの特徴で、
過去の傾向を見るとここ10年で1番人気馬が3着以内に入ったのは、
4回しかないのです。

 

芝2400mという過酷な条件なだけに、
一筋縄ではいかないレースということが過去の傾向が物語っています。
過去の傾向からは1番人気ピンチの素質開花レースと言えそうです。

 

そんな中、騎手成績を見ると1頭の穴馬が浮かび上がってきました。
福永騎手騎乗のプリンセスジャックです。
福永騎手は、ここ10年で3着以内に5回も入っています。

 

なんと、1番人気の馬よりも成績がいいのです。
桜花賞では、単勝14番人気で3着まで差してきたプリンセスジャックですが、
今回はまだそこまで人気も上がらないでしょう。
そうであれば、騎手成績ダントツの福永君騎乗でチャンスありと言えます。

 

実は、週頭には過去の傾向である素質開花レースと読んで、
ディープインパクトの妹トーセンソレイユの
素質開花を考えていたのですが、
大外18番枠に入ったことでちょっと評価を落としましたが、
無視できない馬なので、注目は必要です。

 

2013オークスは、騎手実績ダントツの福永君騎乗のプリンセスジャック、
素質開花があればトーセンソレイユこの2頭に穴馬として大注目です。