今週の日曜日は、東京・京都競馬場で過去の名馬の名前がついたレースが
開催されますが、その中でもやはり一番の注目は、ダービー前に行われる
2013ディープインパクトCでしょう。

 

他頭数のハンデ戦ということもあり、予想も面白いのはもちろん、
ダービーの直前のレースということで、ダービーの資金稼ぎへ
最終レースと言ってもいいでしょう。

 

2013ディープインパクトCを当てて、ダービーと連勝したいものです。

 

難しい18頭のハンデ戦ということで、
馬場と騎手実績を考慮して勝ち馬を予想してみたいと思います。

 

京都の馬場ということで、やはり京都が得意な馬がいいでしょう。
出走馬の中で京都競馬場で5割以上の連帯率を誇っているのが、
クイーンズバーン、セイルラージ、タマモトッププレイ、
メジャーアスリートの4頭だけです。

 

また3勝以上しているのが、セイルラージ、ダノンプログラマーの2頭です。
今回の2013ディープインパクトCの行われる京都の馬場が得意な馬と考えると、
セイルラージが抜けて良いようです。

 

そして騎手実績を見ると、四位騎手と浜中騎手が連対率20%近くで2人が抜けています。
四位騎手のダノンプログラマーは、京都3勝もしているだけに、
このコンビは侮れなさそうです。

 

そして浜中騎手のマヤノリュウジンは、京都実績はない点がマイナスですが、
戦績は連帯率5割を超えていますのでいい競馬をする可能性が高い馬です。

 

2013ディープインパクトは、馬場と騎手実績からは
四位騎手騎乗のダノンプログラマーが良さそうですが、
京都得意のセイルラージ騎乗の岡田騎手、福山競馬から移籍したばかりですが、
芝で2勝していますが全て京都競馬場でのものです。

 

もしかすると、京都競馬が得意なのかもしれません。
そうなると人馬共に京都が得意なセイルラージに俄然注目したくなってきました。

 

しかも!セイルラージのお母さんは、ナリタブライアンの全妹じゃないですか!!
2013ディープインパクトCの前のレースは、ナリタブライアンCなのです。
これは、もうセイルラージが勝つためのレースですよ!きっと。