日曜日の阪神競馬場の準メインは2013小豆島特別です。
G1の合間の週ですが、メインレースには東西でGⅢレースが行われます。

 

その資金稼ぎのために、この2013小豆島特別はぜひ当てておきたいところです。

 

このレースは阪神内回り1400m芝という条件で、
結構ペースが緩まずにタフなレースになりやすい条件です。

 

そして今回の2013小豆島特別で人気となりそうなロードガルーダ、
ハーキュリーズ、そしてラトルスネークといずれも先行馬ということで、
より厳しいレースになると予想できます。

 

しかもメイショウハガクレ、エランドールなど前走で1000m芝のレースを使った馬も
出走するのでより厳しいレースになりそうな要素がたっぷりあります。

 

そんな2013小豆島特別を馬場と騎手実績から重視して予想すると
浮かびあがる穴馬がいるのです。
それは、小牧騎手騎乗のサウンドボルケーノです。

 

この馬近走はダートのみですが、新馬の頃は芝でも入着しているので
全くダメな馬ではありません。
恐らく脚もとの関係でダート路線を歩んでいたのでしょうが、
芝に使ってきたことを考えると今の馬場なら大丈夫だと判断されたのでしょう。

 

そして、小牧騎手。怪我で休んでから徐々に復調してきています。
もともとの騎手実績を考えると今週日曜日はトップジョッキーが東京に集まっただけに、出走ジョッキーの中では1枚抜けているはずです。

 

さらに芝とダートは違いますが、出身が園田競馬ということもあり
阪神の馬場は庭のようなものです。
距離も園田競馬はほとんどが1400mですから距離も馬場も身についているはずです。

 

2013小豆島特別は、馬場と騎手実績を重視し小牧騎手騎乗の
サウンドボルケーノを狙ってみます。